イベント

【レポート】ちゃっとランド - 第160回ちゃっとランド「Shall we dance? ~世界の音楽と踊りを楽しもう~」

主催:(公財)岩手県国際交流協会

2013年06月26日(水)  14:00~16:00 / 会場:アイーナ 4F 県民プラザ

■概要

 □ タイトル: ちゃっとランド - 第160回 「Shall we dance? ~世界の音楽と踊りを楽しもう~」
 □ 日時: 2013年6月26日 11:00~15:00
 □ 場所: アイーナ 4F アイーナスタジオ
 □ 講師: 高橋 琴美 さん、吉田 グラディス さん、ナサォン カポエィラ ジャパォン岩手グループの皆さん
 □ 参加者数: 83名

■レポート

130626-chat_dance_01.jpg 130626-chat_dance_02.jpg 130626-chat_dance_03.jpg
130626-chat_dance_04.jpg 130626-chat_dance_05.jpg 130626-chat_dance_06.jpg
130626-chat_dance_07.jpg 130626-chat_dance_08.jpg 130626-chat_dance_09.jpg

 今回の外国人との交流会「ちゃっとランド」はアイーナ復興バザーと同時開催の特別プログラムです。アイーナスタジオの開放感のあるスぺースで自由に参加していただく形で行われました。

 最初は、ハワイ大学を卒業し、ハワイで6年間タヒチアンダンスグループに所属した高橋琴美さんよる、タヒチアンダンスの紹介と体験でした。タヒチアンダンスは動きが簡単に見えますが、かなりの体力やコツとリズム感が必要です。手や腰などに力を入れて動くため、短時間の体験でも大量の汗をかくそうです。ダイエットしたい方にはぴったりの楽しいダンスだと思います。

 そして、午後からはコロンビア出身の吉田グラディスさんがコロンビアの踊り「クンビア」を紹介して下さいました。クンビアは基本のステップを守れば、上半身は自由に楽しく踊っていいというものなので、とても体験し易い踊りでした。

 プログラムの最後はナサォン カポエィラ ジャパォン岩手グループの皆さんによる、ブラジル発祥の踊る格闘技~カポエィラの紹介でした。カポエィラは、アフリカからブラジルに奴隷として連れてこられた人々が支配者の目を盗み唯一の娯楽「音楽」に合わせて踊っているように見せかけ、格闘技の技術を身に付けたことから始まったものです。動きの中に鋭い蹴り技や倒し技、ダイナミックな飛び技などが入って、音楽に合わせて体を動かします、来場者の方々も簡単なステップから入り、ジョゴ(遊び)まで楽しく体験を行いました。


■報告日:2013年6月26日
■報告者:スタッフ 吉田 亜未