HOME講師を探す/通訳翻訳を依頼したい > 国際理解ワークショップ講師派遣 

■国際理解ワークショップ講師派遣

当協会では、当協会発行の国際理解ハンドブックやその他の国際理解教材を用いたワークショップの講師(ファシリテーター)を派遣します。

■ ワークショップって何ですか?
ワークショップとは、ロールプレイ(役割を演ずる)やシュミレーションゲーム(疑似体験)などの体験を通して学習する活動です。参加者が体験を通して学ぶことにより、知識としての理解だけでなく、実際に行動に移すことができるようになることが期待できます。

■ 実践例
学校の授業では、総合的な学習、道徳、小論文対策、外国語活動の時間などに活用されています。
また、生徒会役員研修、教員研修、少年指導員養成講座、日本語教室や英語教室のイベントなどの教材として、幅広い分野での実践例があります。(平成25年度は大学授業・高等学校総合学習・国際交流イベントなどで11回開催しました。)

■ 申込方法

□ 派遣対象 : 

県内の小・中・高等学校が開催する国際理解授業及び市町村・市町村国際交流協会等が開催する多文化理解を目的とする行事
  
□ 経費 : 

講師旅費及び謝金・教材費 ⇒ 当協会負担
会場費・通信運搬費(広報に関わる経費など) ⇒ 依頼者負担
  
□ 申込み : 

所定の申込用紙に記入し、当協会にご提出ください。
申込用紙は 人材活用ネットワーク のページからダウンロードできます。
  
□ チラシ : チラシ(PDF) 

詳しくは、電話・メール・FAXなどで、お気軽にお問合せください。

■申込み・問合せ

(公財)岩手県国際交流協会
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1
アイーナ 5F 国際交流センター内
電話・メールでの問合せはこちら ⇒ お問い合わせ先