その他

(外国人住民の皆さんへ)2012年7月までに新たな在留管理制度に変わります!

総務省

 ** 外国人住民の住民基本台帳制度がスタートします! **

2012年7月までに、外国人登録法は廃止になり、日本人と同じく外国人住民の住民基本台帳制度がスタートします!

■ 新たな在留管理制度の対象となる人

入管法上の在留資格をもって適法に我が国に中長期間在留する外国人(以下「中長期在留者」といいます。)で,具体的には,次の 1. ~ 6. のいずれにもあてはまらない外国人です。

1. 「3月」以下の在留期間が決定された人
2. 「短期滞在」の在留資格が決定された人
3. 「外交」又は「公用」の在留資格が決定された人
4. 1. から 3. の外国人に準じるものとして法務省令で定める人
5. 特別永住者
6. 在留資格を有しない人

■ ポイント!

・在留カードが交付されます。
・在留期間が最長5年になります。
・みなし再入国制度が導入されます。
・外国人登録制度が廃止されます。

■ 新制度への円滑な移行を図るために…

2012年5月頃に、外国人登録原票を備えている市町村において、外国人住民の仮住民票を作成し、その内容をご本人に通知しますので、ご確認ください。



→ 詳細については、次のホームページ等をご覧ください。

・ 法務省入国管理局 入管法改正について 【日本語】 【English】 
・ 総務省 外国人住民に係る住民基本台帳制度について 【日本語】  【English】 【한국어】 
・ 総務省 リーフレット(PDF) 
  【日本語】 【English】 【中国(简体)】 【中國(繁體)】 【한국어】 【Portugues】 【Espanol】